交通事故の損害賠償で後遺症による慰謝料

営業の仕事をするには歩く必要があります。手でパソコンで資料を作成する必要がありますし、口で話をする必要もありあす。体の機能が全て整っていて万全の仕事をすることができます。しかし怪我をしてしまってそれらが不自由になるとうまく仕事ができなくなる場合があります。一時的に入院するだけならいいですが、後遺症として残ればそれ以降は不自由な状況で仕事をすることになります。交通事故の損害賠償においては後遺症が残ることによる慰謝料の請求があります。後遺症に関しては治療をして治癒をした後に体に不具合が残る状態です。場合によっては障害認定がされることがあります。もし仕事が継続できなくなれば障害に対する損害部分について請求することが可能になります。部位であったり状況などによって異なるとされます。手足などであれば金額も大きくなるでしょう。

交通事故での損害賠償では逸失利益

商品を販売する会社であれば販売をすることで利益を得ることができます。毎日10万円分を売ることで3万円の利益を得ていたなら通常の活動をすれば同じような利益が得られる可能性が多いです。でも交通事故で体を動かすことができなければその活動をすることができなくなります。一般の会社なら上司がかわりをしてくれたりしますが自営業の場合は自分以外に販売できる人がいないこともあります。損害賠償において請求できる部分として逸失利益があります。被害者が、もし自己がなかったとしたら得られるはずの利益になります。自営業者においては計算されることが多くなります。休業している間に得られる金額に近くなります。事故があった時点での逸失利益もありますが、それ以降において仕事が継続できない場合の分も負担対象になります。会社の平均売上などから算定をします。

交通事故の損害賠償は3箇月の給料の平均

会社において平均賃金の支払いをする場合どの平均を取るかがあります。会社側が何らかの給付をするときには3箇月となっています。その他社会保険でも3箇月の給料を平均して決めることが多くなっています。平均ですから1箇月だけでは決められません。かと言って長い期間を設定すると計算がしにくかったりします。そこで3箇月がよく使われます。社会保険などだとわざと減らすこともあります。交通事故の損害賠償において休業補償を請求する場合には平均の給料を計算しなければいけません。その時には3箇月の平均で計算をします。給料明細であったり収入証明などを利用します。注意するのは事故があった日より前で計算することです。その前月前などではありません。そのためにピッタリの数字などが出しにくいことがあります。弁護士事務所などにおいては資料を提出すると計算してくれます。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*