自転車や自動車によく乗る人はたくさんいると思われます。そしてその中で起きてしまうのがやはり交通事故です。自動車と自動車による衝突や自転車と歩行者による衝突などケースは様々です。そしてそのようなことに対しての解決に当たりついてくるのが損害賠償というものです。ただ自転車を漕いで学校に通っていただけなのにその途中で歩行者にぶつかるようなことになれば莫大な損害賠償を取られてしまうこともあります。そのようなことを起こさないためには自転車に乗る側として心掛けていかなくてはならないこともたくさんあります。それは信号を守ることや歩道では歩行者優先、左側通行など当たり前のことです。それらのことを守っていく1人1人の心掛けにより交通事故は防がれていき、損害賠償を払う側、事故に巻き込まれてしまった側という互いに不幸な境遇となるような人が減るようになると思われます。

交通事故の損害賠償金額について

交通事故は自分が注意をしていても、巻き込まれてしまう可能性があります。ですから、いつどこで遭うのか分からないものでもあるのです。もしも加害者になってしまった場合には、相手から損害賠償請求もされる可能性があるのです。その金額が適正なのかということもチェックをすることが必要となって来るのです。専門家である弁護士に相談をして正しい金額なのかどうか、相場と比較してドウなのかということを確認しておくと良いです。今は自動車保険で弁護士費用特約を付帯させることが出来るようにもなっているので、費用については心配をすることがありません。弁護士費用特約はもしもの時に必要となってくるので、出来るだけ付帯をさせておいたほうが良い特約の1つでもあるのです。まずは相談をする弁護士を探して、どのように処理をするのか考えてみると良いです。

交通事故の損害賠償責任は誰が負うのか

交通事故で損害賠償責任を負わされる者は、物損事故と人身事故では異なる場合があります。まず物損事故の場合は、民法が適用されます。民法では加害行為を行った者がまず責任を負わされます。自動車の運転者がこれにあたります。人身事故の場合も民法が適用され、運転者が責任を負うことになります。また、人身事故の場合は民法の他に自動車損害賠償責任補償法が適用されます。この法律では、自動車を自らのために運行の用に供するものが責任を負わされます。通常は、自動車の所有者がこれにあたります。このため、人身事故の場合は、自動車の所有者も賠償責任を負わされます。物損事故の場合は、自動車損害賠償補償法が適用されないため、自動車の所有者までには、賠償責任は負わされないことになります。また、運転者が所有者の場合は、両方の法律が適用されます。

当法律事務所で扱った交通事故の事例をサイトで紹介しています。 当法律事務所は有楽町駅から徒歩3分、日比谷駅から徒歩1分。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 高次脳機能障害、RSDの被害者等、 後遺障害認定に医療知識が必要な事件に精通しています。 交通事故に関するご相談は土日・祝日・夜間も事前予約にて対応します。 交通事故の損害賠償相談なら「中村・橋本法律事務所」へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)